看護師のためのアンガーマネジメント

生活
ふがこ
ふがこ

ちょっと看ゴロー聞いてよ!

今日クリニックの後輩のHさんがあまりにも仕事しなさすぎてホントにムカついたの!

あまりにも動かないから「そんなんじゃ給料泥棒になっちゃうよ~」って言っちゃった!

看ゴロー
看ゴロー

おつかれさま~それは大変だったね~

でも少し穏やかじゃないね…

大変なのはわかったけど、本当にそうだとしてもあんまり直接的にそういうこと言うのは良くないよ~

下手すると「パワーハラスメントだ!」って訴えられるかもしれない

ふがこ
ふがこ

え、こんなことで訴えられちゃうの…??

もとはと言えば、全然動かない後輩が悪いのに…

看ゴロー
看ゴロー

本人に意図はなくても、例えばさっきの言動を録音なんかされてて、客観的にもパワハラって認識されたら、訴えられてしまう可能性もあるんだよ~

2020年から新たなパワハラ防止法が施行されて

  1. 優越的な関係を背景にした言動
  2. 業務上必要な範囲を超えたもの
  3. 労働者の就業環境が害されるもの

をパワーハラスメントとして定義づけられるようになりました。

実際に最近でも看護師が上司からパワハラを受けて損害賠償を求めたことがありました。

上司からのパワハラや運営法人の不当な対応でうつ病に 50代看護師が損害賠償求め提訴

ABCニュース

看護師は患者さんの命を預かっている責任感もあり、常に一定以上の緊張感のある現場で働いているため、感情の浮き沈みが激しいのかもしれません。

病棟勤務だと受け持ち患者を引き継ぎしなくてはならないため、その責任が次勤務者に移っていきます。
そのため、自分の「~すべき」という価値観が前勤務者と合わなかったりすると怒りが発生する要因になったりするわけです。
みなさんも些細なことで一緒に働く同僚にイライラすることも経験があるのではないでしょうか?

もしかしたら自覚がなくてもパワーハラスメントになる言動をしているかもしれません。
自らの首を締めないように、自分自身の怒りをコントロールすることが重要です。

ふがこ
ふがこ

でも怒りをコントロールってどうすればいいの?

感情なんだし制御なんかできなくない?

看ゴロー
看ゴロー

運動と同じで、感情も訓練すれば上手く制御できるようになるんだよ
アンガーマネジメントって聞いたことないかな?

今回の記事ではアンガーマネジメントを紹介するよ。

アンガーマネジメントとは

アンガーマネジメント(Anger Management)とは、上手く「怒り」という感情と付き合っていく心理的トレーニングのことを言います。
もともとは1970年代アメリカの犯罪更生プログラムに組み込まれていたもので、「ついカッとなってやってしまった」とかで自分の人生を台無しにすることがないおうに編み出されたテクニックです。
「怒らない」ことを目指すのではなく、必要のあることは上手に怒って、必要ないときは怒りを表さないようにします。

アンガーマネジメントによって大きく2つのことができるようになります。

  1. 思わずカッとなってしまったときの怒りを抑える
  2. 無駄に怒らなくなる考え方を身につける

怒りに対処する3つのポイント

アンガーマネジメントでは3つコントロールすることで怒りに対処できます。
それは「衝動」「思考」「行動」です。

衝動のコントロール

まず衝動的に怒らないことがポイントです。
怒りはその発端となるイベントが起こってからわずか「6秒」でピークが過ぎる、と言われています。
6秒経つと理性が顔を出し始めます。その6秒だけ衝動を殺して表に出さないようにしましょう。
何でもいいです。6秒待つことが肝心なのです。
具体的には次のようにやってみましょう。

  • 怒りを0~10点で評価する
  • 頭の中で数を数える
  • 頭の中で言葉を唱える
  • 深呼吸をする
  • 腹筋に力を入れて筋トレをする
  • 手指衛生をしにいく

一旦その場を離れるとクールダウンできるかもしれませんね。
物理的に離れて自らイライラを断ち切るようにしましょう。

思考のコントロール

冷静になったら、怒りの発端となったイベントが果たして「怒る必要があるのか」を見極めることが必要です。
自分の中でそのイベントが下図のどの位置に当てはまるかを評価しましょう。

  1. 許せるゾーン:自分の価値観と同じ
  2. まぁ許せるゾーン:イラッとするけどまぁ許せる範囲
  3. 許せないゾーン:自分の価値観とは大きく異なり許せない

この思考のコントロールでは、この緑色のまぁ許せるゾーンを広げていきます。
というのも「~すべき」という価値観は個々であるため、自分の価値観を他人と一致させることはできません。
つまり「そういう考え方の人もいるだろう」とまぁ許せるゾーンを広げることで怒りは消失するかもしれません。

自分の「~すべき」という価値観について書き出してみるのもいい手でしょう。
そのすべき項目に重要度の点数0~10点をつけ、自分の怒りの元が何なのかを知ることもアンガーマネジメントでは重要です。

行動のコントロール

まぁ許せるゾーンを広げても怒りが消失しないときは、行動のコントロールに移ります。
怒りの発端となったイベントを次のように、「重要か」「制御可能か」で分類します。

①重要&制御可能

これは「このままだと大きな問題につながる」ような事例です。
例えば、患者さんの記録に別の患者さんの記録をしていた、術後の患者さんのドレーンの量を測っていなかったなどです。
このような場合は問題解決のためにすぐに取り組む必要があるでしょう。

ではどう取り組めばいいのか、それは「具体的に指摘をする」ことです。
さきほどの事例で言えば、記録を入力する前に毎回患者が合っているか確認するようにしよう、術後は1時間後、2時間後、4時間後で必ずドレーンの量を測るようにしよう、といった指摘です。
6W1Hを意識して具体的にどうしてほしいのかをゆっくりと低いトーンで話すと効果的です。
同じことを繰り返させないためにも、具体的に指摘して問題解決に取り組みましょう。

②重要&制御不可能

これはあなたにとってストレスフルな状況でしょう。
例えば、夜勤で緊急入院が多すぎて看護業務に手が回らない、コロナウイルスの患者が増えて対応が大変でやりたくない、などが当てはまります。

これらのイベントはどうやっても制御のしようがありません。
しかし怒っても何も解決しないので、「今できることをやりましょう」。
人数を確保すれば業務に手が回るので支援をもらう、コロナウイルスの患者がいない病棟への異動を申請する、といった状況を受け入れて現実的な選択肢を探しましょう

③些細&制御可能

これは「後輩の良くない癖に気づいたとき」などが当てはまります。
例えば、遅刻が多い、仕事中にスマホをいじる、などでしょう。
しかし、これらはあなたの仕事に対して何か影響を与えるものでしょうか?
後輩の評価が下がるだけであなたの人生にはなんら悪影響はありませんよね。
こういったケースは先延ばしにし、余力があったときに取り組むのが良いでしょう。

④些細&制御不可能

放っておきましょう。
このケースを挙げるとすれば、〇〇が浮気した、○○が~が原因で退職した、などのゴシップ的なネタです。
そもそもこのようなケースはほとんど「怒る」に値しません。本当にどうでもいいです。

看護師のためのアンガーマネジメント

米国のNursing Jobsが書いた記事では看護師のためのアンガーマネジメントのコツとして次のようなことが挙げられています。

  • 価値観の異なる話題は避ける
  • 怒りのボタンを押すような状況からは離れる
  • 家族や職場での過去の出来事に起因する古い怒りの問題に取り組む
  • 新たにアンガーマネジメントの行動をしたら自分自身にご褒美を与える
  • 1日の中で起こったポジティブな出来事を振り返ってポジティブな感情を意図的に生み出す

確かにこのような行動はアンガーマネジメントをより効率化するかもしれませんね。

ちなみに僕がイラッとしたときにおこなっていることは

  • 家族に愚痴を聞いてもらう
  • 気分じゃなくても無理矢理楽しいことをする
  • 筋トレをする

とかですね。
無理矢理楽しいことをすると感情が上書きされて、イライラなんてどうでも良くなりますよ。
人間の体って案外単純なので、筋トレをすることで疲れてイライラしたイベントなんてあんまり考えなくなります。

まとめ

怒りを感じたらおこなうこと

  1. 6秒待つ
  2. 許容できるかを見極める
  3. 重要か自分の行動で制御できるかを見極める

パワハラ防止法が制定された現代において、不用意な言動が自分の首を絞めてしまうことにもなりかねません。
2022年には中小企業にもパワハラ防止法が対象になり、国全体として職場のいじめや嫌がらせを失くしていく体制づくりがされていきます。
病院も例外ではありません。

自分自身を守るためにも自分の怒りという感情を上手くコントロールできるようになると良いですね。
アンガーマネジメントは誰にでもできるノンテクニカルスキルですし、あなたの人生に余裕をもたせることのできる考え方です。ぜひ活用していきましょう。

ふがこ
ふがこ

アンガーマネジメントが重要なことは今回よくわかったよ。

いつもみたいに論文とか紹介しなくていいの?
あ、でもアンガーマネジメントの研究なんてないか~

看ゴロー
看ゴロー

ふふふ、ちゃんとあるよアンガーマネジメントの研究も!

というわけで次の記事はその研究を紹介します!

次の記事↓

看護師に対するアンガーマネジメントプログラムの効果
看護師に対してアンガーマネジメントプログラムをおこなった研究を紹介し詳しく解説します。アンガーマネジメントは心を豊かにするなんていうけど本当なんでしょうか?この記事を見ればアンガーマネジメントが一体何に対して効果があるのかわかります。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました