【看護師必見】呼吸数がなんで重要なの?【急変の前に予兆を発見しろ!】

研究

「呼吸数ちゃんと測定していますか?」

「軽視されがちですが呼吸数は重要ですよ!」

なんてTweetをよく見かけるので、改めて頭の整理のためにもレビュー論文を読みました~

論文紹介

なので本日は呼吸数評価に関する論文をご紹介!
レビュー論文なので簡単にまとめつつ、自分なりに追加情報も入れています。

Elliott M, Baird J. Pulse oximetry and the enduring neglect of respiratory rate assessment: a commentary on patient surveillance. Br J Nurs. 2019;28(19):1256-1259.

「パルスオキシメトリーと呼吸数評価の永続的な軽視」
2019年と最近と論文です!

呼吸とは

呼吸は息を吸ったり吐いたりするプロセスで肺の機能です。
このプロセスも目的は①酸素を取り入れて細胞に届ける②細胞呼吸の副産物のCO2を排出することです。

パルスオキシメトリー

パルスオキシメトリーは末梢動脈血中の酸素飽和度を測定するもので、血液中のヘモグロビンのうちどれだけが酸素と結びついているかを示すものです。

あくまで抹消の酸素化の指標であり組織の酸素供給を示すものではありません
パルスオキシメトリーは換気の指標でもなく、呼吸数の代用の指標にもなりません。
SpO2が正常であっても、頻呼吸の場合もあります。

看護師はパルスオキシメトリーを理解していない

オーストラリアの新卒看護師300人の調査では、SpO2が換気の指標でないことを知っていたのは44%
これらの看護師の半数がSpO290%がPO290mmHgに相当すると思っていました。

セルビアのICU、救急、麻酔の看護師198人の調査では参加者のほとんどがパルスオキシメトリーでは組織の低酸素を検出できないことを知らなかったという結果でした。

呼吸数の重要性

呼吸数は急変悪化に最も敏感なバイタルサインです。
というのも低酸素、過呼吸、代謝性or呼吸性アシドーシスの早期指標だからです。
→呼吸数が最初に影響を受けるバイタルサインであることが多い。

呼吸数が急変悪化の予兆であるエビデンス

出典:https://asiapac.medtronic.com/content/dam/covidien/library/jp/ja/clinicaleducation/rms/professionalquest/professional-quest-vol30.pdf

図は急変までのプロセスを示しています。
致命的なイベントが発症すると呼吸数や換気量、PaCO2は早期に変化をしていますが、SpO2は急変間近にならないと警告されません
ましてや病院内だとSpO2が下がった段階で酸素投与が開始されるから余計に気づけないです。

呼吸数は軽視される

実際に看護師が記録したものと直接観察したもので比較しても一致しません。

他のバイタルサインは自動装置で測定可能ですが、呼吸数は手動で面倒である可能性があります。

生命を脅かす有害事象が発生した患者を調査すると呼吸数が記録されていたのは23%だけだった。

質的分析で示されたのは「機械で評価できない」「患者が安定しているように見える」「時間がない」「怠惰」など様々な理由があります。
これは呼吸数の重要性を理解していないことが理由として考えられます。

パルスオキシメトリーと呼吸数の測定

パルスオキシメトリーの使用が呼吸数の評価の軽視につながるというエビデンスはまだありません。

結局はパルスオキシメトリーと呼吸数評価の重要性の理解不足が要因なのでは?

実際にシンガポールの病棟看護師380人を対象とした研究では半数以上の看護師が呼吸機能障害の評価をSpO2にのみに頼って、1/4以上が呼吸数を素早く推定していました。
そしてこれらの看護師の1/4がバイタルサインのモニタリングには時間がかかると考えて、1/3が無理をしていると感じていました。

結論

バイタルサインの評価が疎かにになることは患者安全や医療の質、患者のアウトカムに重要な問題です。
看護師がパルスオキシメトリーを十分に理解していないことが呼吸数の評価を怠る一因となっている可能性があります。

私見

呼吸数が軽視される要因は①知識不足②業務負担かなって思っています。
対処すべきなのは①の知識不足の方で、いくら業務が多いっていっても急変悪化のサインってことを理解していれば確実に測定するのではないでしょうか。

グラフの論文が公表されてからもう10年くらい経つけど、Twitterでも呼吸数が重要だっていう周知Tweetが未だに多い気がします。
これって呼吸数の重要性が全国的に広まっていないってことだとも取れるのでは…?

個人的には呼吸の基礎教育が不十分なんじゃないかとは思っています。
自分も学部の頃に、ここまで呼吸数が重要であるってことはレクチャーされなかったし、ICUで勤務して初めて知れたことでした。
学部教育と新卒教育で呼吸数大事だよっていうフィルターかけないと、今後も呼吸数軽視する看護師が生まれ続けますよね。

といってもエビデンスはないので、次の記事ではなぜ呼吸数測定が無視されるバイタルサインなのかをレビューした論文を紹介します!
以下のリンクからどうぞ!

【看護師必見】なぜ呼吸数は最も軽視されるバイタルサインなのか?
呼吸数の測定がなぜ軽視されるのかを検討したレビュー論文を紹介します。呼吸数評価の重要性を伝えるための糸口になるかもしれません。院内急変についての研究者は必見です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました